日頃より、多大なるご支援を賜り
心より感謝申し上げます。

 早いもので初当選させていただき、1期4年任期の折り返しとなる3年目を迎えました。
令和2年当初から日本・世界を震撼させた「新型コロナウイルス感染症」は一年以上経過した今でも変異株の発生など、終息の兆しがなかなか見えてきません。また、期待されるワクチン接種においてもワクチンや医療従事者の確保など、課題は尽きません。先人たちが100年前のスペイン風邪を英知で乗り切った歴史に学び「明けない夜はない」と信じ、今こそ県民力、そして我々議員の在り方が試されるときです。
 県議会議員として活動3年目となりますが、より一層、現場の声を県政に届けられるよう精進を重ねて参ります。

令和3年5月 愛知県議会議員 桜井 秀樹

現場の声を県政につなげます!

豊田市から愛知県へ

 政策提言型の議員を目指します!

 県政の諸課題について質問する機会をいただき、これまで「教員の多忙化解消」「これからの産業政策にもとめられるもの」「あいちの観光戦略について」等、県民目線に立ったうえで県の取組や考えを質してまいりました。このことは市議会議員時代同様で現地・現物の考えに即したものであります。今後も常にアンテナを高く保ち、質問・提言をしてまいります。