2021連合愛知豊田地協メーデー式典に出席

労働運動の1つに5月はメーデーがあります。遡れば、80年前に当時、長時間労働の解消に向け、日当たりの労働時間を8時間以内にする運動が始まったとされています。そして、例年では組合員とその家族とでイベント的な式典でしたが、コロナ禍により、式典のみで会場も無観客での開催となりました。来賓として豊田・みよしそれぞれの市長にご臨席いただき、あいさつの中では「当然」コロナについて触れられました。小職は、豊田地協のなかで政策推進議員として関わらさせていますが、連携してコロナへの対応も含め取組んでいきます。
とりわけ、運営していただいた、役員のみなさん、お疲れ様でした!

連合愛知豊田地域協議会で県政報告

連合愛知豊田地域協議会の幹事会のお時間をいただき、県政報告をさせていただく機会をいただきました。小職からは、大きくは2点報告させていただきました。1点目は、5月12日(水)からコロナ禍による緊急事態宣言を受けての愛知県の対応。2点目は、2月議会における予算関係の質疑についてであります。具体的には名古屋高速道路における料金改定です。5月1日から名古屋高速道路も含め中京圏の高速道路が改定されました。利用者のうち約7割の方が料金は下がりますが、言い換えると3割が値上げとなります。コロナ禍により苦しんでいるのに公共料金と言っても過言でない、高速道路の値上げをする時期に対して違和感を覚えたからであります。良い答弁は引き出すことはできませんでしたが、この問題については、今後も注視していきます。
事務局のみなさん、報告する機会をいただきありがとうございました。

令和3年5月臨時愛知県議会を開会

5月12日からの緊急事態宣言の発出にともなう対応のため、補正予算が上程された臨時議会を開会しました。今回の内容は、飲食店等に酒類の提供を止めていただき、営業時間の短縮にかかる協力金や感染対策状況を確認する「見回り隊」に加え、ワクチン接種会場を愛知県として2か所開設することへの財政対応であります。2か所で日当たり3,000人おこなう予定であります。ワクチン接種では、医師をはじめ医療従事者の確保の課題もありますが、県が関わっている病院等の協力をいただき対応していきます。

前名古屋市議会議員「横井利明」さん来訪

先日の名古屋市長選挙におきまして、僅差で敗れた横井利明さんが、全ト鶴岡会長に選挙結果のため来訪され同席させていただきました。小職もこの選挙の行方を注視していましたので、大変残念な結果となったことに関しては思うところがあります。本人の今後については、未定とのことですがまだ、59歳という年齢から政治活動を継続していただけることを期待します。
横井候補、お疲れ様でした!!

令和3年4月臨時愛知県議会を開会

4月20日(火)から新型コロナウイルス感染症に対する「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、従来の名古屋市内全域での飲食店の営業時間短縮が県内全域に拡大されたことに伴う協力金の予算措置。また、今回、県独自としてカラオケ設備の利用自粛に係る協力金など補正予算の議案が上程され臨時議会を開会しました。加えて、店舗における感染対策を確認するための調査員の確保など今できる取組を速やかに議決しました。
現在、第3ステージに入りかけている状況下での対応をしています。