新型MIRAI出発式を開催

愛知県では、エネルギーの脱炭素化を目指し、水素社会の実現に向けて燃料電池自動車(FCV)の普及加速を図るため、課税免除や導入補助金制度など様々な取り組みを進めている中、今回、取組の一環として、昨年12月に全面改良されましたFCV「新型MIRAI」2台を公用車として導入決定し、3月1日(月)に出発式を開催しました。
トヨタ自動車からは前田執行役員他、また、販売店であるNTPホールディングス小栗社長ほかを迎え、レプリカスマートキー贈呈など多くのメディアに対しても良いPRとなりました。低炭素社会の実現に向け、一歩ずつ前進していきます。

令和3年2月定例県議会が開会!

2月19日(金)から3月25日(木)まで愛知県議会2月定例会が開会されました。今議会では令和3年度当初予算を含め、95議案が上程されました。初日は大村秀章愛知県知事による提案説明と新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言発出による飲食店等への営業時間短縮のための協力金の財源確保に向けた補正予算を可決しました。22日の週からは、議案説明会を経て3月2日から代表&一般質問に移ります。小職は今回、一般質問の機会はありませんが予算に関する本会議での質問を予定しています。テーマは「名古屋高速道路料金制の改定」で、従来の定額制から距離制に変更になるなど変更点の確認及び効果も含めた影響や課題について質していく予定です。また、初日の最後には知事のリコールにおける不正な行いについてその原因究明に向けた意見書を全会一致で採択しました。

約1か月半の長丁場ですが全集中で取組んでまいります!!

豊田警察署高岡交番が完成しました!

すでに新聞報道されていますが、この度、高岡交番が新しくなりました。

この地域では小職が市議会議員時代から交番の老朽化等による建て替えの要望がでており、ようやく実現となりました。12月に供用開始した土橋交番と同様に女性警察官の勤務にも配慮され、コロナ対策や交番襲撃などの犯罪へも対応が講じられています。また、地域住民とのコミュニケーションの形成を担う配慮もされていることを確認させていただきました。

豊田署管内で年間2つの交番が出来ることは極めて稀であり、一市民としても喜ばしい限りであります。
今後は、警察官の方がより働きやすい環境で仕事をしていただき、市民の安心・安全に向けご尽力いただくことを期待します!

中京大都市圏づくりシンポジュウムに参加

リニア中央新幹線の全線開業により、東京・名古屋・大阪の三大都市圏が約1時間で結ばれ一体化し、人口7千万人のスーパー・メガリージョンの形成が期待され、その中心である愛知県では、名古屋市を中心におおむね70~100km圏を「中京大都市圏」と位置づけまちづくりに取組んでいます。今回、4月より進める「あいちビジョン2030」と併せてシンポジュウムが開催されました。特に第2部のパネルディスカッションでは、男女共同参画社会・産業等の起業・財政の分野の方から愛知県が取組むべき方向性についてご意見をいただきました。印象的な発言は、テレワークが進むと人と接する機会が減少すると言われているが、むしろ効率化された時間により新たなことをすることが増えることから減少しない。また、共稼ぎ等による「性別分業体制」では、男性より女性の方が育児・家事の時間を考慮すると男性より労働時間が長く、男性が変わるべきと指摘を受けました。小職も男女共同参画社会の推進は男性の理解が一番であり、有意義なお話を聞かせていただきました。

新政あいち県議団総会及び連絡調整会議を開催

2月19日(金)から始まる愛知県議会2月定例会議に向け、代表&一般質問の洗い出し及び上程予定の議案説明を受けました。緊急事態宣言では、新規感染者数・重傷者数・入院患者数は減少しているものの依然、高い状況にあることから延長に至りました。引き続いての不要不急の外出は控えて終息に繋げていくことを期待します。また、2月議会のメインの議案としては令和3年度の予算であります。コロナ禍により大幅な税収不足に加え、引き続いてのコロナへの対応からやむを得ませんが「県債」の発行が増えます。
開会日に向け、しっかりと議案精査を行っていきます!